新着情報

  1. HOME > 
  2. 新着情報一覧  > 
  3. 3/30 ピア心理カウンセラー説明会

3/30 ピア心理カウンセラー説明会

2010年3月23日

「悩みに対して、アドバイスしてあげたい。」
「ただ見ているだけでもどかしい。何か手助けしてあげたい。」
「心理学を学んでみたい」
「同じ悩みを持っている人の役に立ちたい。」

友達や周りの人の悩みを聞いているうちに
カウンセラーを目指すようになる人も多いかと思います。


悩みにアドバイスしてあげたい
 ⇒問題点を見つける力が身につきます!
  さらに、悩んでいる本人が、悩みを解決するサポートが
  できるようになります!


話をきいてあげたい
 ⇒聴くことはもちろん、話すことも上手になります!


背中を押してあげたい
 ⇒自信をとり戻し、前向きになれる言葉をかけてあげられるようになります!


心理学で自己分析したい
 ⇒心理学を使った自己分析の時間があります。
  心理学に基づいた自分の性格分析ができます!


同じような悩みを持つ人の役に立ちたい 
 ⇒本当の意味で気持ちに寄り添える人になれます!

・少人数グループで、実践的にカウンセリングを学びます。
・カウンセリングの基本、傾聴を丁寧に教えます。
 十分に時間をかけて勉強するので、誰でも身につきます。
・自分の性格や傾向を知ることができます。
 実生活やカウンセリング上の問題点や改善方法を考えていきます。
・セルフケアを学び、カウンセラーとして穏やかな良い状態を
 保つコツを学びます。


『ピア心理カウンセラー養成講座』


<概要>
ピア=同じ、仲間、同輩という意味。
ピア心理カウンセラーは、同じ立場で話が聞ける
カウンセラーのことを指します。

悩みをもった人と同じ目線で問題に取り組むことのできる
カウンセラーになるための講座です。


<Aコース>
対象者:一般の方、障がいを持つ方

この講座は主に傾聴スキルを身につけ、
カウンセリングに携わる心理学を学びます。
自分を探る自己理解講座にも力を入れています。
今までの人生の経験を生かしたカウンセラーになれます。


<Bコース>
対象者:こころの病を持った方、うつなどの経験がある方

この講座では傾聴スキルを身につけると同時に、
セルフケアを身につけていきます。
カウンセラーは自分自身を良好な状態を保つことも大切な仕事です。
セルフケアに力を入れているため、クリニックに通っている方でも
安心して受けていただけます。
 ※受講にはお医者様や支援者の承諾が必要です。
  安全にすすめていくために、ご協力お願いします。


<特長>
・講座終了後は、修了書を発行します。
 受講後に試験があります。合格者には資格発行いたします。
・コミュニケーションスキルもアップ!
 カウンセリングのスキルは、コミュニケーションスキルに直結しています。
・ユニバーサルデザイン講座
 講座内容がユニバーサルデザイン(誰でもわかりやすい)されています。
・振替え授業もできます。
 体調が悪いときは、振替えができます。少人数制で、休憩も多く安心です。
・少人数制で深く学ぶことができます。
・資格取得後、「東京カフェカウンセリング」でカウンセラーになれます!
 イベントなど多数活躍の場があります。


<費用>
全15回 15万円 ⇒ モニタリング中 10万円!!(税別)


<日程>
4月スタート毎週木曜日午前
4月スタート毎週木曜日夜
4月スタート毎週土曜日午前


=======================
ピア心理カウンセラー養成講座 無料体験説明会

Aコース説明会
3/30(火)19:00~21:00


Bコース希望の方は個別に対応いたします。

お気軽にお問い合わせください。


場所:魔法のガッコウ http://maho-no-gakko.com/
グローウィンコミュニケーションズ株式会社
   東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F
   (東京駅、日本橋駅から徒歩3分)
   ウィズスクエア 本館 http://www.wissquare.jp/rental/map.html
   
<体験内容>
実際に講座の内容を体験していただきます。
みなさんで話をしたり、傾聴体験も行います。
この講座を受けただけでも、ピアカウンセリングが体験でき
楽しい時間が過ごせると思います。


お問い合わせ&お申込みはこちらまで
 メール:info@growin-com.jp  @マークを小文字に変えてください
 電話 :090-8840-2666(豊田)
      03-5201-3920

アダルトチルドレンのカウンセリング 共依存のカウンセリング
初めてのカウンセリング カウンセリングって何するの?どんな人が使うの? 恋愛依存症のカウンセリング

▲ページ上部へ戻る