カウンセリング基礎知識

  1. HOME > 
  2. カウンセリング基礎知識 > 
  3. 心の病

心の病

心の病は、病院で治療が必要です。根性論でどうにかなるものでは決してなく、放置すれば悪化し、取り返しの付かない事態にもなり兼ねません。

パニック障害

ある日、突然胸が苦しくなって、呼吸ができなくなり、死ぬんじゃないか、と思うほどの強い不安に襲われ...パニック障害の典型的な発症例です。

もっと見る

統合失調症

統合失調症は、幻聴・幻視・妄想など症状に特徴があります。 ストレスフルな状況の中、きっかけとなる出来事があり発症することが多いです。

もっと見る

適応障害

ストレスに適応できず、社会生活が困難になり、放っておくとうつ病を発症します。 近年、若い世代やIT企業などで適応障害を発症する方が増えています。

もっと見る

鬱(うつ)

抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠症などを特徴とする病気です。症状、原因、回復について。

もっと見る

カウンセリング基礎知識に戻る

ページ上部へ戻る