カウンセリング基礎知識

  1. HOME > 
  2. カウンセリング基礎知識 > 
  3. 性格・性質の問題 > 回避依存症
  4. 1.回避依存症の症状

1.回避依存症の症状

回避依存症とは「深い人間関係を構築することを回避している人」のことです。
他人と自分との間に距離を置き、深い人間関係になることを避けます。仲良くなりたいという気持ちと、壁を作り、自分を知られたくないという気持ち、そんな二つの相反する気持ちが共存している状況です。

「人と精神的に近い関係になるのが怖い。」
「人との距離を保っていたい。」
相手からしてみると、"なんとなく人を近づけない人""近づきたくても、近づかせてくれない人"でしょう。
心休まる温かな関係・・理想的と思えるような人間関係を意図的に、あるいは非意図的に避けています。恋愛関係、友人関係、親子関係、仕事仲間との関係など、あらゆる人間関係でみられます。

回避依存症は、大きく分類すると4つのタイプに分けることができます。
詳しくみていきましょう。

回避依存4つのタイプ

1.独裁者タイプ

何でも自分の思い通りにいかないと気がすまない。

「ああしろ、こうしろ」と命令口調になってしまう。

相手の行動に常に監視の目を光らせている。

相手が何か新しいことを始めようとすると「駄目だ」「やめておいたほうがいい」などとストップをかけてしまう。

「私のいうことを聞かないと大変なことになるよ」とのニュアンスを持つ発言をする。

身体的、精神的な暴力をしてしまう。

何をするにも、私の「許可」が必要。

「ああしろ、こうしろ」と命令口調になってしまう。

「正しいのは自分、間違っているのはお前」上下関係を作り、相手をコントロールしようとします。「お前は価値のない存在だ」と直接的、間接的に伝えることで、相手は"この人がいなくなったら、さらに自分の価値が下がる"と信じ込み、離れられなくします。
あるいは、肉体的・精神的な暴力をふるうことで、主導権を握ろうとします。

2.搾取者タイプ

人にはあれこれと要求をしてしまうけれど、相手からの要求をのむことができない。

物を頼む時だけは優しくなる。

「私は利用されている?」と不安にさせてしまうことがある。

要求をのんでもらった時の優しさと、拒否された時の怒りや不機嫌さのギャップがとても大きい。

相手が要求を受け入れるまで、しつこくねちねちと責め続ける。

「子供っぽいわがままさ」が強くある。

「愛していると言ったのは嘘だったの?」「本当に私に対して誠意があるのならば~」など、実態を見ることのできない「愛」「真実」「嘘」「誠意」などといった言葉を巧みに使い、自分の不幸を嘆きつつ、無言の圧力で自分の要求を通そうとします。
独裁者タイプのように「私は上、お前は下」といった心理的な立場を主張するのではなく、「使う側、使われる側」といった関係で、自分は得るものが多く、相手は得るものなく、あるいは失う一方です。

3.ナルシストタイプ

「少年っぽい」ところがある。

ちょっとしたきっかけで、手のひらを返したように冷たくなることがある。

意識的、あるいは無意識的に、人の気持ちを傷つけるようなことを平気で言ってしまう。

「理想」へのこだわりが強いところがある。

ナイーブである。

人の話を聞くよりも自分の話をする方が好き。

「私は特別な人間だ」と思っている。

「自分の好み」から少しでもはずれたことをすると、不平を言ったり不機嫌になったりする。

自分をほめてくれる人には甘いけれど、少しでも批判されたり欠点を指摘してくる人に対しては徹底的に攻撃しようとする。

「私は特別な存在である」ということが全て。他人はコマに過ぎず「他人も特別な存在である」ということが認められません。 過干渉な親、過保護な親に育てられている場合が多く、子供っぽい自己愛の世界に止まったままでいます。恋人からの過剰な賞賛を求める一方で、他人の気持ちがわかりません。

3.脱走者タイプ

「束縛」がとにかく嫌い。

何かを要求されると「あなたはわがままだ」「あなたは要求が多すぎる」と思ってしまう。

普段、どんなことをしているのか、教えるのが嫌。

1人でいることが好き。

相手が近づいてくればくるほど、遠く離れたくなる。

本心をなかなか言えない。

「自由」を求め、「束縛」を嫌います。束縛されたら最後だ、という強迫観念にとらわれています。 男性なら誰もが少なからず、この傾向があると言われています。女性からの求愛や要求を前に、逃げ出したくなるのです。

Posted by: 産業カウンセラー 豊田文子 Last update: 2010年 4月 22日

性格・性質の問題の記事一覧

回避依存症のカウンセリングなら東京カフェカウンセリングへ!

ページ上部へ戻る