カウンセリング基礎知識

  1. HOME > 
  2. カウンセリング基礎知識 > 
  3. 性格・性質の問題 > 回避依存症

回避依存症

回避依存症とは「深い人間関係を構築することを回避している人」のことです。 仲良くなりたいという気持ちと、壁を作り、自分を知られたくないという気持ち、そんな二つの相反する気持ちが共存している状況です。

1.回避依存症の症状

回避依存症とは「深い人間関係を構築することを回避している人」のことです。 他人と自分との間に距離を置き、深い人間関係になることを避けます。仲良くなりたいという気持ちと、壁を作り、自分を知られたくないという気持ち、そんな二つの相反する気持ち...

もっと見る

2.回避依存症の特徴

対人関係以外の活動に熱中して、対人関係での激しい感情を避けます。 激しく感情がぶつかり合うことは、恐ろしいことで、消耗することを避けるために、最小限で抑えようとします。また、常に何かしらで忙しい状況を作り、感情的な接触を避けます。反面、自分...

もっと見る

3.回避依存症からの回復

回避依存症は病気ではありません。しかし、回避依存が進んでくると・・ DV、モラルハラスメント、自己愛性人格障害、仕事中毒(ワーカホリック)、アルコール依存症、ギャンブル依存症、薬物依存などの症状があらわれます。 本当の自分を知られたら、みん...

もっと見る

性格・性質の問題の記事一覧に戻る

ページ上部へ戻る