カウンセリング基礎知識

  1. HOME > 
  2. カウンセリング基礎知識 > 
  3. 性格・性質の問題

性格・性質の問題

自分の性格が嫌で、性格を変えたい。いつも同じパターンを繰り返しては失敗している。自分は幼いと感じている。成長したい。性格・性質の悩みでカウンセラーの門を叩く方はとても多いです。

アダルトチルドレン

子供の頃の傷ついた思い出を、いつまでも隠し持っていると、その傷ついた子供(インナーチャイルド)が「かんしゃく」「過剰反応」「結婚問題」「依存症」「暴力的な育児」「人間関係の破壊や苦痛な人間関係」などで人生を汚染します。

もっと見る

ストレス

人はストレスを貯めると体に症状が表れてきます。 肩こり、腰痛、頭痛、食欲不振、不眠などなど。 これらはストレスにより、自律神経の働きが悪くなって引き起こされます。

もっと見る

共依存

共依存症者とは自分の事より他人の世話ばかりしている人のことをさします。

もっと見る

回避依存症

回避依存症とは「深い人間関係を構築することを回避している人」のことです。 仲良くなりたいという気持ちと、壁を作り、自分を知られたくないという気持ち、そんな二つの相反する気持ちが共存している状況です。

もっと見る

恋愛依存症

ロマンチックな響きさえありますが、深刻な症状です。 「愛=苦しみ」になっている 「別れたいvs別れたくない」の泥沼にはまってしまう 「同じパターン」を繰り返している

もっと見る

カウンセリング基礎知識に戻る

ページ上部へ戻る